『ゼンカイジャー』駒木根葵汰、変身初披露に感慨 緊張明かす「背中が汗だくです」

オリコン

 俳優の駒木根葵汰が20日、都内で映画『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』の公開初日舞台あいさつに参加。ゼンカイジャーが5人そろって変身ポーズを初披露した。

【動画】『ゼンカイジャー』5人で変身ポーズ&名乗り初披露!

 『ゼンカイジャー』は、この世にたくさん存在する“並行世界”をすべて消し去ってしまおうとする敵に“全力全開”で立ち向かっていくヒーローたちの活躍を描く物語。とてつもなく巨大な魔の手が、主人公が住む世界にも忍び寄ってきたその時、正義の心をもって立ち上がるのが1人のヒーロー・ゼンカイザー。そして彼とともに戦う4人の仲間は、なんと“機械生命体”、いわゆるロボットとなる。本作は1人の“人間”ヒーローと4人の“ロボ”ヒーローが主役というこれまでにない斬新なスーパー戦隊となる。

 3月7日の放送開始に先駆けて劇場版に登場。唯一の“人間”ヒーロー・ゼンカイザー/五色田介人役を務める駒木根を含めて生で変身ポーズを披露した。製作発表や完成報告会は無観客で行われ、この日が介人として初めてファンの前に立った駒木根は「めちゃくちゃ緊張しますね。この舞台に立つことも、撮影もあまり緊張しないんですけど、背中が汗だくです」と照れ隠ししていた。

 また、出演が決まった時の心境も明かす。MCから「オファーが来た時の」と話題を振られると、駒木根は「僕はオーディションだったので…。4人はオファーだったんですね。だから、オーディションでは見ない顔だと思っていたのですけど」と抜群の切り返しで笑いを誘った。そして「すっごく複雑な気持ちでした」と明かしながら、「よくインタビューとかで『夢のような気分でした』と言う人がいるじゃないですか。なんだそれって思っていたのですけど、本当に夢の気分でした(笑)。朝起きたら覚めてしまうんじゃないか、と思うぐらい信じられない気持ちでした」と振り返っていた。

 最後は「ゼンカイジャー初のお披露目とドキドキしていたのですけど、皆さんが温かく迎え入れてくれて今は落ち着いて話せています。この映画を愛していただけるとうれしいです」とファンにメッセージを送っていた。

 同作は、『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』、『騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツ』と合わせ、3本立て映画『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』として公開されている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング