ディズニーに新たな子役スター、映画『フローラとユリシーズ』のマチルダ・ローラー

オリコン

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で今月26日 より配信開始となる映画『フローラとユリシーズ』日本版予告と、本作の主役を務めるマチルダ・ローラーがオーディションの過程を振り返ったコメントが到着した。

【動画】映画『フローラとユリシーズ』予告編

 本作は、アメリカ児童文学賞の最高峰である「ニューベリー賞」を受賞した、「空飛ぶリスとひねくれ屋のフローラ」をもとに制作された、ディズニープラスオリジナル作品。

 ある日、10歳の少女フローラが、掃除機に吸い込まれたリスを助けると、なんとそのリスはスーパーヒーローへと覚醒。フローラにユリシーズと名付けられたリスは、人間の話がわかり、タイプライターも打てて、さらには空まで飛べるようになっていた。そんなユリシーズは、フローラをはじめ周りの人たちを巻き込んでとんでもない騒動を巻き起こす。

 日本版予告編では、両親の離婚の危機に傷つき、コミックに描かれるようなスーパーヒーローは現実の世界には存在しないと信じるフローラの前に、小さなスーパーヒーロー、リスのユリシーズが現れるシーンから始まる。天井からひもを伝って逆さに降りてくるのは朝飯前。見事な速さでタイピングし、ドーナツの山に突っ込みながら見事なバランスで着地するなど、驚きに満ちたアクションシーンが満載だ。

 そして、今回、映画初出演でかつ初主演となるフローラ役のマチルダ・ローラーは、1000人以上が参加したオーディションについて、次のように語っている。

 「もともと本は読んでいたし、この映画のこの役を得たと聞いた時は、信じられなかったの! いまだに理解 できないわ! 私のお父さんは俳優で、お父さんに進められてオーディションを受けたけど、オーディションのプロセスは本当に楽しめたの。 監督のリナ・カーンとのせりふの練習からカメラテストまで、素晴らしい制作スタッフに囲まれてとにかく楽しかったわ。撮影は、カナダ・バンクーバーであり、CGで灰色のぬいぐるみに話かけながら演じるのは大変だった!」

 また、日本向けのメッセージを求めると、「私には日本の友達が何人かいて、彼らが日本で行ったところの動画をよく見せてもらうの 。だからいつか行きたいと思ってる」と快諾。「ハロー、ジャパン! この映画は、子どもから大人まで全ての年齢が楽しめるファミリームービー。ぜひ、日本の皆さんが楽しんでくれるとうれしいです」と、コメントを寄せた。将来が楽しみな子役の一人だ。

■キャスト/吹替
フローラ役:マチルダ・ローラー/太田梨香子
フィリス役:アリソン・ハニガン/今泉葉子
ジョージ役:ベン・シュワルツ/花輪英司
ウィリアム・スパイヴァー役:ベンジャミン・エバン・エインズワース/櫻井優輝
ミラー役:ダニー・プディ/稲垣拓哉

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング