北村匠海主演、カツセマサヒコのデビュー小説『明け方の若者たち』映画化

オリコン

 Twitterでの”妄想ツイート”が話題となり、140字で人々を魅了、10〜20代からの支持も厚いウェブライター、カツセマサヒコの長編小説デビュー作『明け方の若者たち』の映画化が決定。2010年代の東京に住む若者の何気ない日常や沼のような恋模様をリアルに描いた青春劇。主人公の<僕>役で主演を務めるのは、ダンスロックバンド・DISH//のリーダーで俳優の北村匠海(23)。監督は、新進気鋭の松本花奈(23)、脚本は小寺和久が担当する。2022年公開予定。

【写真】『明け方の若者たち』原作本

 「私と飲んだ方が、楽しいかもよ笑?」 その16文字から始まった、沼のような5年間。明大前で開かれた退屈な飲み会。そこで出会った<彼女>に、一瞬で恋をした。本多劇場で観た舞台。「写ルンです」で撮った江ノ島。ふたりのために買ったセミダブルベッド。フジロックに対抗するために旅をした7月の終わり…。

 世界が<彼女>で満たされる一方で、社会人になった<僕>は、“こんなハズじゃなかった人生”に打ちのめされていく。息の詰まる満員電車。夢見た未来とは異なる現在。深夜の高円寺の公園と親友だけが、救いだったあの頃。人生のマジックアワーを描いた、20代の青春譚。

 原作小説は、昨年6月の発売前から重版が決定するほど注目を集め、7万部のヒットを記録。大都会・東京に生きる若者が突然出会った人生最大の恋と、何者にもなれないまま大人になっていくことへの葛藤を描き、現代でしか表現できない“エモさ”に共感者が続出。安達祐実、村山由佳、尾崎世界観、紗倉まな、今泉力哉、長谷川朗など、各界の著名人たちも絶賛の声をあげた。

 主演の北村は「松本監督とは10年前、共演者として学園ドラマで出会い、そして今お互いの道を進んでやっと再会できました。映画に登場する、街や音楽が偶然にも僕の“本物の青春”と重なっていて、もうニ度と帰ってこない人生のマジックアワーをまた味わえたような、切なくてじんわりあったかくて、笑ってるのか泣いてるのかよくわからないあの頃を、皆さんも思い出せるかもしれません。お楽しみに」と、コメント。

 松本監督は「カツセさんの紡ぐ言葉の、笑顔でいるけれど本当は少し寂しかったりとか、夢を追いかけることをやめたけれど本当はどこかで希望を捨てきれていなかったりとか、決して単純ではない、濁りのある感情の描写がとても好きです。そんな繊細でリアルなこの物語を、北村さんと共につくれることが楽しみです。1カット1カットを大切に、撮影していきたいと思います」と、意気込みを伝えた。

 原作者のカツセも「初めて書いた小説が、発売して一年も経たないうちに映画化発表されて、しかも、その主演が北村匠海さん? どこからがドッキリですか。まだ実感が沸かず、フワフワとした気持ちでいます。小説を子供とするならば、映画は可愛い甥っ子といったところでしょうか。松本監督と素晴らしいキャスト・スタッフ陣に全て委ねて、温かく見守ろうと思っています。本当に楽しみです!」と、期待を膨らませている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング