カズ、震災10年に思い語る

共同通信

 J1横浜FCのベテランFW三浦知良(54)が1日、発生から10年となる東日本大震災について「(復興に)継続的に関わりたい。新型コロナウイルスが収まって、また現地でみんなと一緒にサッカーをしたい」とオンラインで思いを語った。

 震災の18日後に行われた復興支援慈善試合で決めたゴールには「被災地の方々が喜んでくれて、ものすごく大きな1点だった。ゴールがあれほど力があるのかと思い知らされた」と回想した。

 東京五輪にも触れ「成功することで世界が明るくなると思う。できるなら開催してほしい。ただ、いろいろ条件があって何が何でもできるわけではないと思う」と述べた。

PR

Jリーグ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング