文化庁長官に作曲家の都倉俊一氏

共同通信

 政府は5日の閣議で、文化庁の宮田亮平長官(75)が退任し、後任にピンク・レディーや山本リンダさんらのヒット曲を多数生んだ作曲家の都倉俊一氏(72)を充てる4月1日付の人事を決めた。任期は2023年3月末まで。

 都倉氏はピンク・レディーの「UFO」や「サウスポー」、山本リンダさんの「狙いうち」「どうにもとまらない」などを作曲。狩人の「あずさ2号」や山口百恵さんの楽曲も手掛けた。「日本レコード大賞作曲賞」など受賞歴も多い。

 映画や舞台の音楽、ミュージカルなど幅広く活動しており、18年、文化功労者に選ばれた。行政には国の文化審議会委員として関わった経験がある。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング