TL、神戸製鋼やパナなど3連勝

共同通信

 ラグビーのトップリーグ第3節は6日、8試合が行われ、ホワイト・カンファレンスは神戸製鋼が日野を52―7で、パナソニックはキヤノンを47―0で、NTTドコモはリコーを22―17でそれぞれ下し、開幕3連勝とした。

 元日本代表で、今季限りで引退するFB五郎丸が初出場したヤマハ発動機はNECに59―31で勝った。五郎丸は1トライなどで15得点。

 レッド・カンファレンスはサントリーがサニックスに75―10で、トヨタ自動車はホンダに45―3で、クボタはNTTコムに34―24で勝利して3連勝。東芝は三菱重工相模原に58―7で快勝して初白星(2敗)を手にした。

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング