広2―0ヤ(7日)

共同通信

 広島は2年目の森下が先発し、緩急をつけて4回無安打無失点と隙のない投球を見せた。新人の栗林は1回を無安打、2奪三振。クロンが四回に2ランを放った。ヤクルトの先発奥川は球がばらついたが、2回を2安打無失点とした。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング