神6―4広(9日)

共同通信

 阪神は2年目の西純矢が制球が甘く、5回4失点。先発枠入りへ思うようなアピールはできなかった。新人の佐藤輝は力強く適時打。広島は新戦力のクロンが2戦連続本塁打となる満塁アーチを放ち、先発枠を争う矢崎は打ち込まれた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング