パリSG、バルサ退け8強入り

共同通信

 【ベルリン共同】サッカー欧州チャンピオンズリーグ(CL)は10日、パリなどで決勝トーナメント1回戦第2戦の2試合が行われ、昨季準優勝のパリ・サンジェルマン(フランス)と一昨季王者のリバプール(イングランド)がベスト8入りした。

 パリSGはホームでバルセロナ(スペイン)と1―1で引き分け、2戦合計5―2で2季連続の準々決勝進出。エムバペがPKで先制し、GKナバスを中心に反撃を1点でしのいだ。バルセロナは8強入りが13季連続で途切れた。リバプールは第1戦に続いてサラーとマネが得点してライプチヒ(ドイツ)を2―0で退け、2戦合計4―0で2季ぶりに8強入りした。

PR

海外サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング