SixTONES vs Snow Man『日本GD大賞』シングル部門受賞 AKB48のV11阻止

オリコン

 日本レコード協会が15日、『第35回 日本ゴールドディスク大賞』の受賞作品・アーティストを発表し、昨年リリースされたシングルで正味売上枚数が最も多かった作品に贈られる「シングル・オブ・ザ・イヤー」は、SixTONESとSnow Manの同時デビュー両A面シングル「Imitation Rain/D.D.」(SixTONES vs Snow Man)、「D.D./Imitation Rain」(Snow Man vs SixTONES)が輝いた。これにより、この部門で前人未到の10連覇中だったAKB48の記録がストップした。

【写真】Snow Man大喜び!氷でできた雪だるま

 同賞の候補となる「ベスト5シングル」はほかに、「カイト」(嵐)、「失恋、ありがとう」(AKB48)、「KISSIN’ MY LIPS」(Snow Man)、「しあわせの保護色」(乃木坂46)が受賞。その中で最も正味売上枚数(総出荷数から返品数を差し引いたもの)が多かった「Imitation Rain/D.D.」(SixTONES vs Snow Man)、「D.D./Imitation Rain」(Snow Man vs SixTONES)が「シングル・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」「ベスト5ニュー・アーティスト」「シングル・オブ・ザ・イヤー」「ベスト5シングル」の4冠に輝いたSixTONESは「大変な世の中でありながらも、僕たちのCD を手に取って聴いて頂いたファンの皆様のおかげです。本当にありがとうございます!」とファンに感謝。

 続けて「戦友でもあり、兄貴的存在として色々と学ばせてくれた先輩でもあるSnow Manと一緒にCDデビューできた事は、僕たちSixTONESにとっても一生の誇りです。そしてデビュー曲『Imitation Rain』を作ってくださったX JAPAN のYOSHIKIさんにも感謝です。『Imitation Rain』は僕たちにとっての宝物であり、人生の最後まで歌い続ける楽曲になると思います! 今後も変わらず全力で音楽を届けられるよう、頑張っていきます!」と、メンバーを代表してジェシーが受賞の喜びを寄せた。

 「ベスト5ニュー・アーティスト」「シングル・オブ・ザ・イヤー」「ベスト5シングル(2曲)」に輝いたSnow Manは「僕達の第一歩目であるデビュー曲『D.D. / Imitation Rain』で光栄な賞をいただけたのは、支えてくださり、いつも応援してくださっている沢山のファンの皆様のお陰です。同時デビューさせていただいたSixTONES とこれからも切磋琢磨しながら、日本のみならず海外の皆様にも楽しんでいただけるパフォーマンスを提供していきたいと思っております」と誓った。

■『第35回日本ゴールドディスク大賞』主な受賞者・作品

▽アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】嵐(2年連続7回目)
【洋楽】クイーン(3年連続4回目)

▽ベスト・エイジアン・アーティスト
【アジア】BTS

▽ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト
氷川きよし

▽ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】SixTONES
【洋楽】Jawsh 685
【アジア】TOMORROW X TOGETHER

▽アルバム・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】『STRAY SHEEP(米津玄師)
【洋楽】『クロマティカ』(レディー・ガガ)
【アジア】『MAP OF THE SOUL:7 ~THE JOURNEY~』(BTS)

▽シングル・オブ・ザ・イヤー
「Imitation Rain / D.D.」(SixTONES vs Snow Man)
「D.D. / Imitation Rain」(Snow Man vs SixTONES)

▽ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー
『ARASHI Anniversary Tour 5×20』(嵐)
『スティール・ホイールズ・ライヴ』(ザ・ローリング・ストーンズ)
『BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF' - JAPAN EDITION』(BTS)

▽ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード
【邦楽】「I LOVE...」(Official髭男dism)
【洋楽】「Closer (Tokyo Remix) (feat. 新田真剣佑)」(The Chainsmokers)
【アジア】「Dynamite」(BTS)

▽特別賞
「香水」瑛人
LiSA

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング