おいでやす小田、地上波ドラマ初レギュラーに恐縮「いくらなんでも早過ぎないか」

オリコン

 ピン芸人のおいでやす小田が4月1日放送のプラチナイト モクドラF『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』(毎週木曜 後11:59)で地上波ドラマ初レギュラー出演することがわかった。小田は主人公・町田和子(吉川愛)の上司で漫画誌編集部のデスク・境正美(さかい・まさみ)役に起用。オファーを受け「正直、何で僕??と思いました。僕がドラマのお仕事させてもらえるなんて、いくらなんでも早過ぎないか??と思ってます」と恐縮したコメントを寄せた。

【写真】吉川愛と板垣李光人の“かわいすぎる”カップルのキャラビジュアル

 吉川と板垣李光人のW主演の今作は、新米漫画編集者・和子と、メイクやファッションを自由に楽しむ男性・相馬周(板垣)が織りなすキュートなラブストーリー。小田演じる境は和子たち編集部員や漫画家に対してキレ口調の関西弁でまくしたてるようにしゃべり、周囲は圧倒されがちだが、漫画を愛し漫画誌の売上を上げるために日々試行錯誤しているというキャラクターだ。

 2020年の『M-1グランプリ』にピン芸人同士の即席ユニット・おいでやすこがとして出場、準優勝に輝いた小田が、俳優として新境地を開拓。持ち味のキレ芸を彷彿とさせる演技、さらには、境の人間性が浮き彫りになるストーリーもあるといい、意外な熱演が見られるかも。

 今回の役柄について小田は「境という男が、僕が普段ネタでやってるキャラそのものなので、とてもやりやすいと思ってます!」とすんなりと入れそうだが、「でもいきなり連続ドラマに出演させてもらえることにまだ戸惑ってます!手探り状態から監督さんのご指導のもとだんだん役になじんでいく様もお楽しみください!どーなるんでしょー!!!」と率直な心境を語っている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング