【おちょやん】第74回見どころ 親という存在に揺れる千代

オリコン

 NHKで放送中の連続テレビ小説『おちょやん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。3月18日放送の第15週・第74回の見どころは?

【写真】まるで貧乏神のような老けたテルヲ(トータス松本)

 テルヲは千代の家だけでなく、一座の稽古場にも現れ、場違いな振る舞いをして、千代を困らせる。しかし、テルヲ(トータス松本)は、鶴亀株式会社の社長の鶴蔵(中村鴈治郎)や千之助(星田英利)と会って話をする中で、千代がこれまで役者としてどのように生きてきたかを何も知らなかったことに気づく。そして、千之助から、千代は共演相手の魅力を引き出せる、いい役者だということを言われて、思わず涙がこぼれるのだった。一方、東京の演劇雑誌が鶴亀家庭劇を取材に訪れることになり、劇団員たちは盛り上がる。しかし、取材当日、劇団員たちが取材を受けている最中に、テルヲと借金の取り立て屋が揉めだして、警察がやって来る騒ぎになってしまう。

 本作は、大正から昭和にかけて活躍し、「大阪のお母さん」として親しまれ、上方女優の代名詞とも言われた浪花千栄子さんをモデルに、ヒロイン・竹井千代(主演:杉咲花)の波乱万丈な半生を、『半沢直樹』(2013年)などの脚本家・八津弘幸氏がオリジナルで描く。全115回(23週)。5月15日(土)が最終回(本編の最終回は5月14日、15日は最終週の振り返り)。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング