荒磯親方、最優秀論文で表彰

共同通信

 大相撲の荒磯親方(34)=元横綱稀勢の里、本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が早稲田大大学院スポーツ科学研究科の修士課程1年制で、まとめ上げた修士論文が最優秀論文として表彰されたことが17日、関係者の話で分かった。「新しい相撲部屋経営の在り方」がテーマで、時代に即した力士の指導法などを多角的な視点から論じている。

 荒磯親方は2019年初場所限りで現役引退後、田子ノ浦部屋で後進を指導。独立して部屋を興す意向があり、昨春入学した大学院でスポーツマネジメントなどを学んだ。論文では相撲部屋に土俵を複数設けて稽古の効率化を図るなど、新たな部屋運営法を提案した。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング