美 少年、浮所飛貴主演映画『胸が鳴るのは君のせい』主題歌担当

オリコン

 ジャニーズJr.の人気グループ・美 少年が、メンバー・浮所飛貴の主演映画『胸が鳴るのは君のせい』(6月4日公開)で主題歌「虹の中で」を担当することが、わかった。このほどたった一度しかない高校生活の恋と青春のドキドキがたっぷり詰まった“胸が鳴りやまない”本予告が解禁。異例の抜てきを受けた美 少年による爽やかで前向きな楽曲が物語を盛り上げる。

【動画】美 少年の歌唱する主題歌入り予告公開

 今作は紺野りさ氏による人気少女漫画(小学館『ベツコミ フラワーコミックス』刊)を実写化。主人公の有馬隼人として、ジャニーズJr.で唯一、フジテレビ系バラエティー『VS魂』のレギュラーメンバーに起用されるなど、今年最もブレイクが期待される浮所が映画初主演を果たす。そして、ヒロイン・篠原つかさ役に白石聖、2人の恋のライバルに板垣瑞生、原菜乃華ら新世代の俳優陣が、甘酸っぱくも切ないラブストーリーを彩る。

 予告映像では「気づけば、あたしはずっと君を目で追っていた」という親友・有馬に恋するつかさの言葉からスタート。有馬に告白するつかさだが、「友達としてしか見たことない」とあっけなく振られてしまう、ジェットコースターのような展開が待ち構える。有馬に振られ友達として接することに決めたつかさだが、片思いをやめようと思えば思うほどに大きくなっていく思いに、あきらめずに有馬を好きでいつづけることを決意する。

 そんな真っ直ぐなつかさと共に過ごすうちに有馬の気持ちにも少しずつ変化が現れはじめるが、そんな2人の前に恋のライバルが登場。一度は振ったつかさに対して思わせぶりな態度をとる有馬に「卑怯だね」と告げる長谷部(板垣)、「恋愛する資格なんかない」と語る有馬の過去を知る元カノ・麻友(原)。麻友が「隼人くんは必ず私のところに戻ってくる」と断言する理由、有馬に隠された秘密とは一体。そして「俺のこと好きになってよ」と切なく願う長谷部の思いはつかさに届くのか。

 映像の後半には、震える有馬の手を握るつかさの姿や、真剣な眼差しでつかさの肩を掴む有馬、つかさが涙を流すシーンも切り取られ、切なくすれ違う4人の思いがありありと描き出されています。振られてもあきらめない真っ直ぐなつかさの思いに共感し、すれ違いながらもお互いを思い合う2人の距離がもどかしくも胸を掴む仕上がりとなっている

 浮所は主題歌について「曲のカラーを聞かれたら青・白と答えたくなるような、まさに『胸きみ』カラーな曲です」と紹介し、「恋のときめきやキラキラした青春の疾走感を感じさせる爽やかな曲なので、通学や通勤の時に聞いていただければ一日頑張れると思います」とオススメ。レコーディングもかなりこだわったそうで「辛いことがあっても頑張れるような、フレッシュになれる曲だと思います。『ここ!』っていうパーフェクトなタイミングで、この映画にぴったりなエンドロールが流れます! みなさんに早く劇場で聴いてもらいたいです」と自信をみせている。

■浮所飛貴・美 少年/ジャニーズJr.コメント

『胸が鳴るのは君のせい』の主題歌を美 少年が歌わせてもらえることになりました!タイトルは「虹の中で」です。お話をいただいた時はとても驚きました!曲のカラーを聞かれたら青・白と答えたくなるような、まさに『胸きみ』カラーな曲です!
恋のときめきやキラキラした青春の疾走感を感じさせる爽やかな曲なので、通学や通勤の時に聞いていただければ一日頑張れると思います。映画の主題歌を歌えるということは本当にすごいことなので、レコーディングにも熱が入り、かなりこだわって時間もかけて臨みました。辛いことがあっても頑張れるような、フレッシュになれる曲だと思います。『ここ!』っていうパーフェクトなタイミングで、この映画にぴったりなエンドロールが流れます!みなさんに早く劇場で聴いてもらいたいです。ぜひお楽しみに!

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング