『恋とオオカミには騙されない』中間告白終え新たな恋の動き 予想できない展開にスタジオで議論

オリコン

 ABEMAのオリジナル恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』の第6話が21日に配信。気になる相手に想いを告げる「中間告白」を終え、両想いになったメンバー、片思いのメンバーそれぞれの恋が再び動き始めた。

【場面写真】胸キュン…!お互いの気持ちを確かめあった“両想い”Taki&そら

 中間告白でりょうかと両想いとなったちょこの元気がなく暗い様子に心配するメンバーたち。同じく、そらと両想いとなったTakiがちょこを気遣い、声をかける。「ちょっとだけ胸が痛いだけ」と話しだしたちょこは、「中間告白して、好きと伝えてくれたけど、りょうかちゃんが(自分のことを)好きかわからない」と不安な気持ちを吐露。それに対し、Takiは「向こうの気持ちはわからないけど、でも自分の気持ちはどこにも行かないじゃん」と気持ちを伝えることの大切さをアドバイスした。

 中間告白後の独特の雰囲気が漂うアトリエで、メンバーたちを元気づけようと、なえなのは、あおいを誘い、サプライズで料理を振る舞う計画を立てる。調理の最中、「中間告白はどうだった」となえなのが切り出すと、あおいは「つなは友達かなという想いが勝ってしまったから、そらがTakiへの気持ちが強いとわかっていても告白した」と振り返る。一方、なえなのは「『ほかに気になる人がいる』とこうへいに伝えた」と自分の想いが揺れていることを、あおいに打ち明けた。

 番組終盤、アトリエでの作業を終え帰路につくメンバーたち。なえなのは「話したい事がある」とあおいを再び誘い出す。こうへいのほかに気になっていると相談していた相手は、果たしていったい誰なのか? スタジオでも「あおいに言うってことはつな…? それともちょこ…?」と議論され、まったく予想できない展開に憶測や反響が視聴者からも飛び交った。

 さらに、「自分の気持ちにもっと向き合いたい」と宣言していたもくだいは、気になる相手を2人きりのデートに誘いだすことができる「月ライン」を使用。次回予告でもくだいが見せた大粒の涙に視聴者は騒然。その涙の真相とは? さらに激しく移り変わるそれぞれのメンバーの恋心の行方に注目だ。

 番組は、デートや共同作業を通して“真実の恋”をかなえようと奮闘する10人の男女を追いかける。ただし、10人の中には、好きなフリをする「嘘つき“オオカミ”」が1人以上潜んでいる。好きになった相手は“オオカミ”なのか? それでも相手を信じ、真実の恋を実らせることができるのか? 予測不可能な恋の駆け引きと、男女の等身大でリアルな姿が最大の見どころとなっている。

 出演する女性メンバーは、SNS総フォロワー数500万人越えのモデル・YouTuberのなえなの、Popteen専属モデルの長谷川美月(みちゅ)、アーティストのTaki、女優の吉田伶香(りょうか)、「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系)に出演し、話題となった女優の川口葵(あおい)。

 男性メンバーは、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(テレビ朝日系)に出演するほか活躍の場を広げる俳優の綱啓永(つな)、TikToker・モデルのりゅうと(ちょこ)、俳優・モデルの樋口晃平(こうへい)、アーティストの杢代和人(もくだい)、俳優の井上想良(そら)が出演する。スタジオMCは横澤夏子、飯豊まりえ、滝沢カレン、神尾楓珠が、さらに加速する10人の男女の恋模様を温かく見守る。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング