大泉洋、さらっとギャグ披露も会場失笑 松岡茉優からツッコミ

オリコン

 俳優の大泉洋が25日、都内で行われた映画『騙し絵の牙』公開前夜祭イベントに登壇した。

【動画】イベントの美術セットにハプニング発生「見ないでぇ!」と叫ぶ大泉洋

 クセのあるキャラクターが多いことから、自身のクセについて聞かれた大泉は「あまりないんですよ~。髪はクセですけどね」と言うと、会場には笑いが。続けて「ずっとクセですからね…。クセエ毛じゃないですよ」とギャグを飛ばすも、会場は微妙な空気に包まれてしまい失敗。松岡茉優からは「いまのは親父ギャグですか? 初めて聞きました」とツッコミを受けていた。

 松岡は自身のクセについて「モーニング娘。が大好きなんですよ。みんなの魅力を話そうと思うと多少、気持ち悪くなってしまうかもしれない。そこにクセが出ちゃうときがあるかもしれないですね」としみじみと語っていた。

 この日は、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、佐藤浩市、吉田大八監督も登壇した。

 物語の舞台は大手出版社の「薫風社」。専務・東松(佐藤)の大改革で、雑誌は次々と廃刊の危機に陥り、会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる。しかし、頼りなく見える速水は裏に“牙”を秘める男で、嘘や裏切り告発なども行われる中、新人編集者でヒロイン・高野(松岡)を巻き込みながら、生き残りをかけた奇策をかけていく。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング