『ダイの大冒険』前野智昭、妻・小松未可子演じる“マァム”のTシャツ着用 仲間の強い絆

オリコン

 テレビ東京系で放送中のアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(毎週土曜 前9:30~)のイベントが、オンラインで実施された世界最大級のアニメイベント『AnimeJapan 2021(アニメジャパン)』で開催された。出演声優の種崎敦美(ダイ役)、豊永利行(ポップ役)、早見沙織(レオナ役)、梶裕貴(ヒュンケル役)、前野智昭(クロコダイン役)が出席した。

【写真】これぞ夫婦愛!マァムのTシャツ披露した前野智昭 担当CVは妻・小松未可子

 この日は、ダイの仲間であるマァム役の小松未可子が残念ながら不参加。しかし梶は「メインキャストがそろっていますが、大事な仲間であるマァムがきょうちょっと…。ですけど、僕の前を歩く前野君の背中に、ちゃんとマァムがいます!」と説明。

 前野と小松は2020年5月に結婚を発表。この日の前のは、妻・小松が演じるマァムが背中に描かれたTシャツを着ており「いらっしゃらないメンバーの分の思いも込めて登壇させていただくことが、この作品の醍醐味だと思っています」と伝えると、登壇キャストから「すてき~」「すばらしい!」と絶賛。

 そんな中で豊永は「いいワニだ」といじると、前野は「ワニじゃねーわ!」とツッコミを入れていた。

 『ダイの大冒険』は、1989年から96年まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画が原作。魔法が苦手だが勇者に憧れている主人公・少年のダイが、ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師”アバンに才能を認められ、勇者になる特訓をする。そして、秘められた力を開花させ、アバンの弟子・ポップ、マァムら仲間とともに復活した魔王を倒し平和を取り戻すべく旅に出る冒険活劇。約28年ぶりの完全新作として、2020年10月よりテレビアニメが現在放送されている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング