福澤朗、18年半出演『バンキシャ!』卒業 最後は全身全霊の「ジャストミート!」

オリコン

 フリーアナウンサーの福澤朗(57)が28日放送の日本テレビ系報道番組『真相報道バンキシャ!』(毎週日曜 後6:00)に出演。2002年10月より約18年半にわたって番組のメインキャスターを担ってきた同番組を卒業した。

福澤朗のプロフィール

 番組の冒頭で天の声から卒業についての水を向けられると福澤は「ようやく卒業テストに合格できまして、こうやって卒業の日を迎えることになりました。18年半です。天の声さん、またの名を大塚芳忠さん。本当にお世話になりました。最後まで、何卒よろしくお願いいたします」とあいさつを交わしていた。

 終盤に福澤は「初代ご意見バンの今は亡き河上和雄さんから『こんな番組、半年で終わる』とおっしゃられました」と懐かしみつつ「川上先生、18年半も続きましたよ~」と天国に向かって呼びかける。続けて「2002年に番組がスタートしました。そのときに産まれた息子が先日、高校を卒業しました。私も、この番組を卒業させていただくことになりました」としみじみ。情報番組は出演者より、スタッフの力量が問われるという話を披露し「立ち上げメンバーのスタッフから今日にいたるまで、私は極めて優秀なスタッフに恵まれました。『バンキシャ!』に携わった全てのスタッフに心から感謝と御礼を申し上げたい」と謝意。

 そして「今、この放送をご覧の皆さん方、ご愛顧いただき、ありがとうございます! これからも引き続き、よろしくお願いいたします」と視聴者にメッセージ。最後は「『真相報道バンキシャ!』の4月からのますますの発展と放送をご覧の皆様のご健康を祈願いたしまして…」と溜めながら「輝かしい未来に向かって、ジャストミート!」と全身全霊で決めフレーズで番組を卒業した。

 福澤の卒業は昨年末に発表。コメントも寄せ「ヤッタ~! ついに“卒業”です!」と達成感。「初代ご意見バンの河上和雄さんからは『こんな番組、半年で終わるよ』と言われていたんです。『天国の河上センセイ!18年半も続きましたよ~!』国民的アニメ番組『サザエさん』を視聴率で追い抜くという目標を掲げて、毎週スタッフと話し合っていた頃が懐かしい! これまでの全スタッフに感謝です」としていた。

 『バンキシャ!』の後任は日本テレビの桝太一アナウンサーが務める。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング