映画『HOKUSAI』公開記念、箱根・岡田美術館で「北斎特別展示」

オリコン

 代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が2020年2月に新たに刷新された新パスポートや2024年度から使用される千円札のデザインに採用されるなど、今なお愛され続ける世界的アーティスト 葛飾北斎。その北斎の知られざる生涯を初めて描く映画『HOKUSAI』が、新型コロナウイルスの感染拡大による丸1年の延期を経て、5月28日から全国公開されるのを記念して、神奈川・箱根にある岡田美術館(館長・小林忠)で、4月3日(土)から9月26日(日)まで、北斎の作品を特別展示することになった。

【動画】映画『HOKUSAI』90秒予告

 今月16日に、NYのオークションで北斎の代表作《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》が約1.7億円で落札され、木版画集の価格の世界記録を更新した事で注目を集める北斎作品。自ら「画狂老人卍」と名乗り、江戸時代としては稀な90歳という長寿を全うした北斎。代表作「冨嶽三十六景」を 70代に手掛け、絶命する直前、「天我をして五年の命を保たしめば、真正の画工となるを得べし(あと五年寿命があれば、本物の絵師になれるのに)」という言葉を残したとされるその人物像は、現代を生きる私たちにも強烈なインパクトを与える。

 その実像に迫る映画『HOKUSAI』では、北斎の青年期と老年期を柳楽優弥と田中泯が二人一役で演じ分け、生涯に渡って現役の絵師であり続けた北斎の姿を浮かび上がらせる。

 岡田美術館では、その名作「神奈川沖浪裏」のほか、北斎の美人画の極みである「夏の朝」と「傾城図」を特別展示。まだ眉を落としていない初々しさが残る「夏の朝」の新妻。玉虫色に光る笹色紅を唇にほどこした「傾城図」の妖艶な花魁。北斎が描く“清楚美人”と“妖艶美人”を、映画に登場する瀧本美織演じる北斎の良妻・コト、芋生悠演じる歌麿の恋人である花魁・麻雪にそれぞれ重ねて鑑賞することで、今にも動き出しそうな生命力にあふれる浮世絵と、本作の世界観を合わせて楽しめる。

 本編に登場する浮世絵の再現にも一切の妥協を許さず、版画を制作するシーンでは実際の彫師と摺師が出演している本作。今回の撮影で使われた版木や、江戸当時と変わらず版画を制作するために実際に使用された道具なども展示される予定となっている(資料提供:アダチ版画研究所。展示期間6月28日まで)。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング