堤真一、声優初挑戦 安藤雅司監督『鹿の王』9・10公開 竹内涼真・杏も出演

オリコン

 『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『君の名は。』という、邦画の歴代ランキング上位5作品のうち3作品の作画監督を担ったトップアニメーター・安藤雅司が、初監督・キャラクターデサイン・作画監督を務めたアニメーション映画『鹿の王 ユナと約束の旅』が、9月10日より全国公開されることが明らかになった。声の出演者も発表され、主人公・生き残った孤独な戦士ヴァン役は、意外にも声優初挑戦の堤真一。もう一人の主人公・謎の病の治療法を探す天才医師ホッサル役は、竹内涼真。ヴァンを追う謎の女戦士サエ役は杏が務める。

【動画】特報映像もついに解禁

 2015年度本屋大賞、日本医療小説大賞のW受賞を果たした、上橋菜穂子氏のベストセラー巨編「鹿の王」(角川文庫)を、日本アニメ界を支えてきたトップクリエイターたちが映像化。

 制作スタジオは、国内外から高い評価を受けるProduction I.G。安藤監督の共同監督には『千と千尋の神隠し』で宮崎駿(スタジオジブリ)の監督助手を務め、『忘念のザムド』『伏 鉄砲娘の捕物帳』で監督を務めた宮地昌幸。脚本は、「ハイキュー!!」シリーズや『僕だけがいない街』など数々の話題作を手掛ける岸本卓が担当。まさに日本アニメ界最高峰と呼べるスタッフが集結した。

 物語の舞台は、強大な帝国が支配する世界。そして、世界を侵食する謎の病から生き延び、過酷な運命に立ち向かいながら旅を続ける血の繋がらない“父と娘”。その病から多くの命を救おうと奔走する“天才医師”。故郷のために帝国に従い戦う“謎の女”。やがて彼らは、運命的な出会いを果たす。壮大な世界観の中に、緻密な医療サスペンスと感動のストーリーが組み込まれた、唯一無二の冒険大作。運命に抗い、信念に生きた者たちの、壮大な愛の物語だ。

■「慣れないことばかりで本当に難しかった」堤真一

 主人公・ヴァンに声で命を吹き込んだ堤は「実は、このお話をいただく前に、すでに原作を読んでいて、この壮大な世界観が大好きでした。実写化は難しいだろうと想像していたので、こうやって関われたことがうれしく、また、ご縁を感じましたね」と、運命の導きがあったかのよう。ナレーションの経験はあれど「アニメの声優は初めての経験で、慣れないことばかりで本当に難しかったです。ご迷惑をおかけしました」と恐縮した。

 作品については「物語は壮大なファンタジーですが、その中にリアルな部分もあるので、フィクションでありノンフィクションでもあるような内容だと思います。私が演じたヴァンの運命はさまざまな出会いがあって動き出していきます。ユナとの出会いで息を吹き返し、愛情や感情を取り戻し、人のために生きる事の大切さを教えてくれるキャラクターだと思います。原作がお好きな方も、読んだことのない方にも楽しんでいただける作品です。是非、ご覧下さい」と太鼓判を押す。

■「カッコいいビジュアルに負けないように」竹内涼真

 アニメーションの声優は初めてだった竹内は「自分の声で大丈夫かな?とドキドキする気持ちもありましたが、ホッサルのカッコいいビジュアルに負けないように声を作って演じることを意識しました」と、コメント。「原作を読んだ時、頭に風景が浮かんできてすぐに物語に入り込んでしまいました。僕の演じるホッサルは気持ちに一本筋が通っているので、何をして何を救いたいのか、その気持ちに感情移入しやすかったです。原作のキャラクターそれぞれの持ち味が素敵なので、アニメ化された時のせりふやビジュアル、映像などすごい迫力になっていると思います。『鹿の王』の壮大でファンタジーな世界観が皆様のもとに届くことが今から楽しみです」と語った。

■「今の世情とも通じる部分が多い」杏

 原作者の上橋氏と、「鹿の王」について対談したことがあるという杏は、「その際にこの作品にかける情熱やこだわりをお伺いしたこともあり、私がキャスティングされた時は、とてもうれしかったけれど、まずは上橋先生がどう思うだろう、と上橋先生にお電話をして『本当に私で良いんですか!?』とお聞きしました。幸い、喜んでいただけてホッとしました」。

 アニメーションの声優としても安定感のある芝居をする杏。「サエは孤独な狩人の役で、戦闘のシーンも多く、声だけとはいえ実際に殺陣を習うように動きの指示を受けて録音しました。2年前の収録段階では、まだ映像が完成していない状態でしたので、私も出来上がりを楽しみにしております。この作品は、謎の病が流行し、それに立ち向かう人々の物語です。奇しくも、今の世情とも通じる部分が多い中、ファンタジーの世界を通して、私たちへのメッセージが込められているような気がします」と、コメントしている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング