ドイツ敗れる、01年以来の黒星

共同通信

 【ロンドン共同】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会欧州予選は3月31日、各地で行われ、J組でドイツがホームで北マケドニアに1―2で敗れ、W杯予選では2001年以来となる黒星を喫した。アルメニアがルーマニアを3―2で破り、3連勝で首位に立った。

 I組のイングランドはポーランドを2―1で下して3連勝。D組では前回王者のフランスがグリーズマンの決勝点でボスニア・ヘルツェゴビナを1―0で退けて2勝目を挙げた。C組のイタリア、F組のデンマークは3戦全勝で首位を守った。

 次戦は9月に行われる。

PR

海外サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング