草なぎ剛の舞台『家族のはなし』5月KAAT上演決定 昨年の東京公演中止経て

オリコン

 2019年5月に京都劇場で上演された俳優・草なぎ剛出演の舞台『家族のはなし』が、5月14日から30日までKAAT神奈川芸術劇場で上演されることが決定した。昨年4月、コロナ禍による上演中止から1年以上を経て上演が実現した。

【写真】羽場裕一&小西真奈美も出演

 『青天を衝け』の徳川慶喜役、『ミッドナイトスワン』日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞と、いま乗りに乗っている草なぎが、自然体で優しい心あたたまる演技を生の舞台で届ける同作。今作からは新たに羽場裕一が加わり、さらにブラッシュアップされた『家族のはなし』に成長するとのこと。

 同作は、広告界の俊英として数々のCMを手がける傍ら、「満劇」(満員劇場御礼座)という劇団で20年以上コメディの上演を続けている中治信博(淀川フーヨーハイ)氏らが手がける。

 淀川フーヨーハイ氏が<第1話 わからない言葉>、同じく「満劇」のメンバーでコピーライターとしても活躍中のあべの金欠(武尾秀幸)が<第2話 笑って忘れて>の作・演出をそれぞれ担当し、“誰もが「笑って泣ける」、優しいコメディー”を描く。

 草なぎは第1話で、ケンカして別れそうになっている夫婦の飼い犬・ハッピーを演じ、第2話では広告会社プランナーの夫役と、異色の2役に挑む。また、主演の草なぎ、小西のほかに、畠中洋、小林きな子ら実力派の俳優たちが脇を固める。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング