乃木坂46・生田絵梨花&松村沙友理、当たり前の夢追う今 「恋しい」ライブで恩返し 歌いたいポケモン名曲

オリコン

 人気テレビアニメ『ポケットモンスター』(テレビ東京系 毎週金曜 後6:55~)でオープニングを担当している、人気グループ・乃木坂46の生田絵梨花と松村沙友理のユニット・からあげ姉妹。そんな彼女たちが、4月9日放送の「まるっとおまかせ!プラスルマイナン便利屋さん!!」で“おうえんポケモン”プラスル(松村)&マイナン(生田)役としてポケモン声優デビューを果たす。「ポケモンマスターになる」主人公・サトシのような追いかける夢を聞くと、意外にも「多くのファンの前でライブをすることです」と現実的な夢語る。しかしこれは、コロナ禍の一年間で感じたファンのありがたさから生まれた新たな目標だった。

【独占インタビュー動画】乃木坂46・生田&松村、ポケモンの思い出語り尽くす

――これまで数々の有名アーティストが『ポケモン』のオープニングを担当してきました。からあげ姉妹として担当することを聞いた時、どのような心境でしたか。

【生田】 からあげ姉妹は、「知る人ぞ知る」ユニットだと思うので、世界中で愛されている『ポケモン』の主題歌を担当することができて、ビックリするほどうれしかったです! 2人で報告を聞いた時はうれしさと驚きで、思わず小躍りしてしまいました(照れ)

【松村】 歌わせていただく「1・2・3」(作詞・作曲:まふまふ)はリレー形式で、さまざまなアーティストが歌い継いでいくという企画です。私たちの前が西川くんとキリショー(西川貴教と鬼龍院翔によるユニット)でしたので、プレッシャーでしたね(笑)

――生田さんは1997年生まれですが、アニメ『ポケモン』シリーズも97年4月から放送がスタートしました。同期ということで、ポケモンに対して深い思い出がありそうです。

【生田】 サトシとカスミ、タケシ3人の物語が今でも印象的です。主題歌と声優に挑戦するということで今回、改めて今シリーズの第1話「ピカチュウ誕生!」から見たのですが、「わっ! ポケモンも増えて全然違う!」と驚きました(笑)第1話はサトシのピカチュウが、ピカチュウに進化する前のピチューのお話なのですが、涙がポロリどころではなく洪水レベルの感動でした! ポケモンの鳴き声、表情の変化で感動しましたし、大人になった今だからこそ、違った角度からポケモンの魅力を再発見することができました。

■ポケモン言えるかな?大合唱の過去「151種全部言えた!」ライブで歌いたい夢――ポケモン好きの松村さんは、濃い思い出がありそうですね。

【松村】 ポケモンは『ポケットモンスター 赤・緑』からゲームをプレイしていて、姉弟それぞれ違うソフトを購入して交換・バトルをしていました。学校ではイマクニ?さん(※ポケモンのプロモーションキャラクター)がラップ調でポケモンの名前を言っていく曲「ポケモン言えるかな?」が流行していて、クラスメイト全員が休み時間に呪文のように歌ってました(笑)私も当時は151種全部言えたのですが、今のポケモンは増えすぎて覚えきれないです(笑)なので今は新しいポケモンを覚えていくのが楽しいですね。

――ポケモン好きな2人ですが今回、おうえんポケモンのプラスル&マイナンを演じます。

【生田・松村】 トレーナー役だと思っていたので、「ポケモン役なんだ!」と驚きました(笑)

【生田】 鳴き声だけで性格や感情を表現するのは、声優のお仕事をしていたとしても独特なことだと思いますし、収録前の今、まだ模索中です。…どうしよう、恥ずかしさもあります(照れ) (※インタビューは収録前に実施)

――今回はポケモン役ですが、トレーナー+ポケモンの組み合わせなど、今後挑戦してみたい役はありますか。

【松村】 私たちは泳ぐ(スキューバダイビング)ことも好きなので、私は海辺にいるみずタイプのポケモンのお姉さんトレーナーをやってみたいですね。(※ゲームだとビキニのおねえさん)。

【生田】 そうすると私がみずポケモンですね(笑)ゼニガメとか…あっ、メッソン! アニメを見た時に、すごくかわいかったので。いろんな泣き方ができるように、練習をしておきたいと思います。サトシ君と対決できたらいいな。

――サトシはリーグ初優勝し夢である「ポケモンマスター」に一歩近づき、ゴウはすべてのポケモンをゲットするという夢に向かって着実に前進しています。乃木坂46グループ誕生から10年を迎える今、お二人の今後の目標は一体何でしょうか?

【松村】 年々、目標が難しくなっている気がします。今はこのご時世ということもあって、人が多く入った会場でライブをやりたい気持ちが強いです。今まで当たり前だったことが突然なくなったことで、その有難さに気づいた1年間でした。最近はステージから見た、あの光景が恋しいです。ファンの皆さんもきっと、私たちのステージを見たいと思っているので、私たちの夢と同時にファンの夢を叶えたいですね。ファンの数だけ夢が違うので、できる限り叶えていきたいです。

【生田】 恋しい気持ちは私もありますね。1回目の自粛が明けた時、好きな舞台を見たのですが、やっぱり画面越しで見るのと現場で体感するのは、明らかに感動が違うなと思いました。演者とファンが同じ空間を共有できる日が、早く訪れることを願っています。

――お二人をきっかけに『ポケモン』を知る方々もいると思います。

【松村】 私たちをきっかけに『ポケモン』に触れる人がいれば、こんなにうれしいことはないですね。逆に『ポケモン』をきっかけに、からあげ姉妹や乃木坂46を知る人もいると思います。なので、次にライブを開催した時、「あれ? 客層変わってる」みたいなことが起きたらいいですよね!(笑)

【生田】 「あっ! 子どもファンが増えた」みたいな(笑)ライブができない状況ではありますが「次の楽しみ」があるので、良い方向に捉えるようにしています。私たちは“おうえんポケモン”のプラスルとマイナンなので、今まで応援を受けた分、今度はファンの方々を応援していきたいです。ポケモンの曲も歌いたい!

【松村】 「ポケモン言えるかな?」も合唱したいね(笑)

■テレビアニメ『ポケットモンスター』作品概要
 現在放送中のアニメ『ポケットモンスター』は、シリーズ7作目。今までに登場したすべての地方が舞台で、それぞれの地方に生息するさまざまなポケモンたちも登場し、W主人公のサトシとゴウが、相棒のピカチュウたちとともに各地を冒険する姿が描かれている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング