竹野内豊主演の月9『イチケイのカラス』初回13.9%の好発進 個人は7.8%

オリコン

 竹野内豊が主演する5日スタートのフジテレビ系月9ドラマ『イチケイのカラス』(毎週月曜 後9:00~※30分拡大)の初回視聴率が個人7.8%、世帯13.9%だったことがわかった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】20年前の竹野内豊との2ショットを披露した新田真剣佑(2枚目)

 今作は民放連続ドラマとしては初となる、刑事裁判官が主人公の爽快リーガルエンターテインメント。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を舞台に、竹野内は自由奔放で型破りな主人公・入間みちお、黒木華が、みちおと真逆の堅物タイプな裁判官・坂間千鶴をそれぞれ演じている。

 記念すべき第1話でみちおと坂間が初めてタッグを組むことになる案件は、大学生の男が衆院議員を殴りつけ全治1ヶ月のけがを負わせ起訴された傷害事件。このささいな案件をわざわざ合議制で扱う必要はないと反発する坂間だったが、第1回公判で被告が「正当防衛だった」と急きょ主張したことを発端に、真相を確かめるべく、みちおと共に裁判官主導の現場検証を行うことになる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング