『映画 賭ケグルイ』藤井流星“最凶のヴィラン・視鬼神真玄”が生徒会長の玉座に

オリコン

 女優の浜辺美波が、最狂の賭け狂い・蛇喰夢子を演じる最新作『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』(29日公開)より、藤井流星(ジャニーズWEST)演じる視鬼神真玄の場面写真が到着。これまでの「賭ケグルイ」シリーズでは桃喰綺羅莉(池田エライザ)が絶対的権力として座していた生徒会長の玉座に視鬼神が座る姿を見ることができる。

【動画】「賭ケグルイ」シリーズの狂気的な魅力

 本作は、河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で連載中の漫画「賭ケグルイ」の実写映画第2弾。前作『映画 賭ケグルイ』(2019年)では全校生徒を巻き込んで開催されたギャンブルバトル“生徒代表指名選挙”が行われ、見事勝利した夢子。その後、束の間の平穏が訪れたかと思った矢先、かつて学園を滅ぼした最凶のギャンブラー・視鬼神真玄が学園に舞い戻ってくる。

 視鬼神真玄というキャラクターは映画オリジナルのためヒントがなく、当初は不安もあったと藤井自身明かしている。しかし、衣装合わせの段階から、藤井と英勉監督との間で積極的にアイデアの交換が行われ、英監督の脳内でイメージされた視鬼神の独特な声の出し方や奇妙な動きが、藤井のパフォーマーとしての高い表現力によって実体化する形となった。藤井と英監督が共に作り上げたシリーズ最凶のヴィラン・視鬼神真玄から目が離せない。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング