俳優・若松武史さん死去 70歳 NHK大河ドラマ『武田信玄』『龍馬伝』などに出演

オリコン

 俳優の若松武史さんが14日午前8時51分に死去した。16日、所属事務所の公式サイトで訃報が伝えられた。

■若松武史さんの写真付きプロフィール

 サイトでは「弊社所属、若松武史(享年70)は病気療養中のところ、2021年4月14日AM8:51に永眠いたしました」と伝え「これまでご支援いただきましたファンの皆様、関係者の皆様には、生前にご厚誼に深謝し、謹んでご報告申し上げるとともに故人のご冥福をお祈りいたします」と記した。

 なお、葬儀・告別式は、家族の意向により近親者にて執り行われた。後日お別れ会を開催する予定で、日程など詳細は改めて発表する。

 若松さんは、東京都出身。1974年~1983年まで、故寺山修司率いる『演劇実験室◎天井桟敷』に所属。数々の演出家作品に出演しており、主な舞台作品には『青森県のせむし男』、『NINAGAWAマクベス』、『あかね空』、『ダブリンの鐘つきカビ人間』、『新・雨月物語』、『アジアン・スイーツ』、『阿OKUNI国』、『毛皮のマリー』、『リチャード三世』など。

 そのほかにも、『草迷宮』(寺山修司監督)などの映画作品にも出演。『エンジェルダスト』(石井聰亙監督)では、高崎映画祭 最優秀助演男優賞を受賞した。テレビ作品ではNHK大河ドラマ『武田信玄』『翔ぶが如く』『琉球の風』『徳川慶喜』『龍馬伝』、『ランタナの花の咲くころ』(主演)、『ギフト』、『タブロイド』、『新・腕におぼえあり』、『慶次郎縁側日記』、『うみのほたる』(文化庁芸術祭受賞作品)などに出演。 各分野に数多くの出演作品がある。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング