小沢仁志、歌と踊りはドクターストップ? 映画で合唱披露も「寿命縮んだ」

オリコン

 俳優の小沢仁志が16日、都内で行われたU-NEXT配信作品『列島制覇 非道のうさぎ』配信記念舞台あいさつに登壇。「極道」と「合唱道」の二足のわらじはく男・宇佐木を演じているが、この日は合唱パートで着用している水色のスーツで登場し、「きょうは内田(英治)監督が(『ミッドナイトスワン』で)日本アカデミー賞を取ったお祝いで、おそろいのスーツっていうことでこれだよ。だいたい、衣装合わせで監督が出してきた時から終わったなと。舞台あいさつでこんな衣装を着てきたのは初めてだよ」と苦笑いした。

【動画】歌唱シーンについて語る小沢仁志

 小沢は、合唱曲をBGMに登場したことにも触れ「登場から気分はブルーですけど、きょうはよろしくお願いいたします」とニヤリ。「コメディーとバイオレンスの融合」とうたわれている同作については「別に融合とか言うよりも、監督に真っ先に言われたのが『歌ってもらいますから』って言われて…。内容とかの問題じゃないんだよ。医者からは階段落ちとかは大丈夫だけど、歌と踊りはダメって言われているんだから(笑)。寿命縮んだよ」と笑わせた。

 内田監督は小沢の歌唱力について「カラオケとか行っているだろうし、多少はって思っていたら、想像以上にひどかった」とニヤリ。そんな合唱の練習の秘話として、小沢は「学生時代を思い出す。なんか言っていると先生が見ているから、声出してないのがバレたみたいな(笑)。オレとお前でやると、本当にひどいな」と共演者の吉村界人とうれしそうに振り返った。

 新羅慎二(湘南乃風・若旦那)は、小沢の拳銃さばきを「僕は拳銃の使い方がわかってないので、小沢さんにレクチャーしてもらっていたんですけど、すごくカッコよくて。小沢さんの拳銃さばきを見てもらいたいですね」とアピール。映画になぞらえて「実は〇〇なんです」とのトークテーマでは、小沢が「実は、もう酔っています」としたため「オレは人生酔っているから。当然、朝起きてから酔っているよ」と話し、共演者をわかせた。

 その後も終始列島制覇、久しぶりに思い入れ深い作品で、監督から『小沢仁志はいらないよ』っていう話から始まり、個人的にはその戦いで。ここにいるキャストの顔ぶれ、ここにはいないキャストもいっぱい、みんながすごくて、歌の合唱だけじゃなくて、ありとあらゆるくせの強い役者たちの芝居の合唱を見ていただきたいなと。

 舞台あいさつにはそのほか、真飛聖も登壇。MCは餅田コシヒカリが担当した。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング