兵頭功海、新作カレンダーで新たな魅力開花「僕ってこんな表情ができるんだ」

オリコン

 テレビ朝日系『騎士竜戦隊リュウソウジャー』でリュウソウゴールド/カナロを演じた俳優・兵頭功海が18日、都内で行われた『兵頭功海 2021.4-2022.3カレンダー』(アミューズ)の発売記念取材会に出席した。

【画像】カレンダーを手にすました表情を見せる兵頭功海

 カレンダーのテーマは「君と過ごす、私の1年間の物語」。目標である「映画俳優として活躍すること」に焦点を置いた企画で、兵頭が演じる「“彼”との1年間の物語」というストーリー仕立てのカレンダーを製作。月をめくるごとに、“彼”と“私”のストーリーが展開していき、また写真だけではなく、カレンダー内に記載されているQRコードを読み取ることで、兵頭が演じる“彼”を“私目線”で記録したオリジナルムービーを視聴できる。

 「ある日突然目の前に現れた“彼”は、なんだか放っておけない子犬系男子。理由もなく、一緒に暮らすことになったけど…」というカレンダーのストーリーにそって、子犬っぽさを感じさせるかわいらしい表情から、ふと憂いを感じさせる大人な表情まで、兵頭の新たな一面を引き出したカレンダーに仕上がった。当たり前の日常が、兵頭演じる“彼”と一緒だとどう変化していくのか。「朝、目が覚めて“おはよう”のあいさつをする」「2人で外に出かける」「けんかをする」そんな日常を基にした12ヶ月分のシチュエーションがたくさん詰まっている。

 お気に入りカットを紹介した兵頭は「すべて僕の中から出た表情なんですけど、『僕ってこんな表情ができるんだ!』、『こんな写真の写り方ができるんだ!』と、自分でも知ることができました」と笑顔で手応えをにじませた。

 さらに、ファンに向けて「買ってくださった方の家の中で“彼”が一番転がり込んでいい場所に飾って欲しいですね」とアピールすると「彼をすごく大事にして、一年間、一緒に楽しんで下さい!」と呼びかけていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング