加藤浩次、AI使った新感覚バラエティーMC「公平でおもしろい」 芸人VS一般人のシビアなバトル

オリコン

 お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次がMC、おぎやはぎの矢作兼がアシスタント、宮司愛海アナが進行を担当するフジテレビ系バラエティー『PIKOOOON!』が、25日に放送(後8:00)。正月の第1弾を経て、ゴールデンに初進出する。

【番組カット】芸人VS一般人のシビアなバトル

 “芸人チーム”VS“笑いを我慢する15人”のお笑いバトル。芸人チームは、リーダーを中心に5人で1組となり、戦略を練りリレー方式で制限時間20分以内に全員を笑わせられたら勝ちで、笑いを我慢する15人は、笑顔を判定する新開発AI装置“ピコーン”を装着し、誰か1人でも笑いを堪えられれば勝ちとなる。笑いを耐えた15人には、最後に“芸人総攻撃タイム”の2分が発動する。集団で、かたくなに笑いを我慢する一般人を、芸人は笑わせられるか。

 芸人VS一般人による、シビアなお笑いバトル。勝者には賞金が贈呈される。「過酷ですね」と驚がくする観月ありさと、おなかが「ゲラだ」と言うお笑い好きの成田凌がゲスト出演する。今回、芸人のリーダーとなるのは、かまいたち、くっきー!、チョコレートプラネット、堀内健。そして、対決するのは、総合エンタメスクール「EXPG」のダンサー、武蔵野学芸専門学校のアート集団、ジェットスタートレーニングセンターのキャビンクルー、新人研修中のフジテレビ新入社員たちとなる。

 かまいたちは、事前にたくさん打ち合わせをして攻めたメンバーを決めたという。濱家隆一は「こんな純度の高いお笑い番組あるんですか」、山内健司は「直前の打ち合わせが多いなと思っていたけれど、実際やってみたらもっと打ち合わせしておけば良かった」となにかをにおわすコメント。制限時間が残り少なくなった時、笑いを求める芸人魂がさく裂、濱家がとった行動に、山内も「こんな姿、見たことない!」とうなる。長田庄平(チョコレートプラネット)は、その過酷さを「お笑い賞レースよりきつい」と表現する。

 このバトルの勝敗判定のために開発したAI装置“ピコーン”は、約6000人のデータから人の笑顔を数値化し、その笑顔数値が70%を超えると、“ピコーン”サインが立ち上がるというもの。“笑いを我慢する15人”がかぶったヘルメットに装着され、笑うとヘルメット上の笑顔マークが“ピコーーーーン”と反応する。収録を終えて、加藤がコメントを寄せた。

――収録を終えて
いや、楽しかったですね。芸人さんが、笑いを我慢している一般の方をどれだけ笑わせるかというシンプルな番組ですが、最初はAIが判定ってどうなるんだろうって想像がつかなかったけれど公平でおもしろい。芸人さんが、キレイに滑ってもおもしろいし、ネタをしっかり仕込んできているのもすごくおもしろい、僕もMCをやりながら楽しませていただきました。

――見どころ
どのチームもおもしろかったですからね。行った場所に向き不向きもあったり、考えていたところと違うところでたまたま笑ったりとか、ひとりをロックオンしていたらハタで見ている人笑っちゃうとか、笑いのハプニングや要素がすごく詰まっていておもしろい。笑いの要素っていろいろあるなぁって、勉強にもなりました。みなさんもその辺を楽しんで、笑ってもらえればと思います。

挑戦者
チームリーダー:かまいたち、くっきー!(野性爆弾)、チョコレートプラネット、堀内健(ネプチューン)  
メンバー:アイクぬわら(超新塾)、岩井ジョニ男(イワイガワ)、おいでやす小田、川原克己(天竺鼠)、ハリウッドザコシショウ、サンシャイン池崎、島田珠代、飯尾和樹(ずん)、田中卓志(アンガールズ)、辻井亮平(アイロンヘッド)、野田クリスタル(マヂカルラブリー)、ひるちゃん(インポッシブル)、もう中学生、レイザーラモンRG

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング