陸上の障害決勝、男女とも日本新

共同通信

 陸上の織田記念国際は29日、広島市のエディオンスタジアム広島で行われ、男子110メートル障害決勝は金井大旺が13秒16の日本新記録で優勝した。追い風1・7メートル。高山峻野の2019年の記録を0秒09縮め、東京五輪参加標準記録を突破した。

 女子100メートル障害の寺田明日香は追い風1・6メートルの決勝で自らの日本記録を0秒01縮める12秒96をマークし優勝した。

 男子100メートルは追い風0・1メートルの決勝を山県亮太が10秒14で制した。小池祐貴が10秒26で2位、桐生祥秀は10秒30で3位、多田修平は4位だった。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング