ボクシング、高山勝成が計量パス

共同通信

 【アーリントン(米テキサス州)共同】世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級タイトルマッチの前日計量が7日、米テキサス州アーリントンで行われ、2階級制覇を目指す高山勝成(寝屋川石田)、王者エルウィン・ソト(メキシコ)はともに48・8キロでパスした。

 計量開始時には、ミニマム級で世界主要4団体の王座に就いた実績から「日本のレジェンド」と紹介された高山。向かい合ったソトの印象を「目力が力強い」と話した。

PR

格闘技 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング