甲子園球場に観客、歓声戻る

共同通信

 阪神の本拠地、甲子園球場では13日、観客を入れて中日戦が行われた。新型コロナウイルス感染拡大による無観客試合が続いており、入場者を受け入れての開催は4月25日以来。当初は12日からの予定だったが、雨天中止となった。外野席には阪神のユニホームを着て、グッズを手にしたファンが詰め掛けて好プレーには拍手が起きた。

 緊急事態宣言が延長された一方、対象地域で大規模イベントの人数制限が原則上限5千人となった。この日は既に発売済みだった年間予約席のみ有効。飲食売店や売り子による販売は午後8時までとし、酒類は提供せず持ち込みも禁じた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング