イエメン代表監督、コロナで死去

共同通信

 イエメン・サッカー協会は16日、同国代表のナシュ監督が新型コロナウイルスに感染し死去したと発表した。AP通信が報じた。64歳だった。

 地元メディアは、代表の合宿が行われていた4月に感染したと伝えている。イエメン代表は2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の予選を控えている。(共同)

PR

サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング