朝乃山休場に厳しい意見、処分へ

共同通信

 大相撲の東大関朝乃山(27)=本名石橋広暉、富山県出身、高砂部屋=が夏場所12日目の20日、日本相撲協会の新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反する不要不急の外出を認めて休場したことに対し、協会内からは厳しい意見が上がった。協会は今後、コンプライアンス委員会が調査し、理事会で処分を決める見通しとなった。

 朝乃山は原則的に外出禁止期間の夏場所前、接待を伴う飲食店へ出掛けたなどと報道された。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「非常に遺憾。協会の看板を背負っている本人が大事な本場所に穴を空けたということは重大な不祥事だ」と強く批判した。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング