引退のパナ福岡、MVP初受賞

共同通信

 今季で18シーズンの歴史に幕を下ろすラグビー、トップリーグ(TL)の年間表彰式が24日、オンラインで行われ、最優秀選手(MVP)は優勝したパナソニックで、医師となるため現役最後のシーズンとなったWTB福岡堅樹が初受賞した。「引退するTL最後の年に最高の栄誉を頂いて本当に光栄」と語った。

 新人賞はWTB竹山晃暉(パナソニック)とFB金秀隆(クボタ)が獲得した。ベストフィフティーンではプロップは稲垣啓太(パナソニック)が7季連続7度目の受賞。SOは得点王のボーデン・バレット(サントリー)が初受賞し、福岡は3季連続3度目で選ばれた。

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング