朝乃山関に寛大な処分を、富山

共同通信

 日本相撲協会の定める新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反した大関朝乃山関について、地元富山市の呉羽地区自治振興会が寛大な処分を求める署名活動を行い、賛同者が1万人近くに及ぶことが28日、分かった。関係者によると締め切りの同日までに約8500人が集まり、追加で千人ほどの署名が発送されたという。

 署名は嘆願書とともに6月上旬にも相撲協会に郵送で提出される予定。

 27歳の朝乃山関は禁止されている期間に不要不急な外出をしたことを認め、大相撲夏場所を途中休場した。協会は6月にも臨時理事会で処分を協議する方針で、厳罰が予想される。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング