JBCの役員退任などを要望

共同通信

 昨年末の試合でのドーピング検査で不手際があったため違反の疑いをかけられた世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(32)が所属するAmbitionジムは31日、日本ボクシングコミッション(JBC)の役員退任などを求めた上申書を、ジム会長らで組織する日本プロボクシング協会へ提出したと発表した。

 同ジム(木谷卓也会長)はJBCがまだ井岡への誠意ある謝罪や名誉回復措置を講じていないと非難。管理体制に問題のある現在のJBCのもとでは「選手が疑いや憂いを持つことなく試合に臨むことができません」と主張した。

PR

格闘技 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング