【西スポ特集】中西ビックリAKB移籍 いざ春のジ~ン

AKB48へ移籍する中西智代梨(中央)とじゃれ合うHKT48の松岡菜摘(左)と森保まどか 拡大

AKB48へ移籍する中西智代梨(中央)とじゃれ合うHKT48の松岡菜摘(左)と森保まどか

 ●あす3rdシングル「桜、みんなで食べた」発売 月イチ活動報告
 
 初の九州ツアーも盛況なHKT48の活動を、西スポ読者にお届けしている「月イチ活動報告」。2月は佐賀や長崎で公演を行ったほか、人気音楽番組「ミュージックステーション」に初出演。48グループのメンバーが大幅にシャッフルされた「大組閣」では、メンバーの移籍や兼任が発表された。12日に、3rdシングル「桜、みんなで食べた」の発売を控えるHKT48。彼女たちにとってターニングポイントになりそうな2月を、松岡菜摘(17)と森保まどか(16)、チームAへの移籍が決まった中西智代梨(18)の3人とともに振り返った。 (古川泰裕)

 -2月は九州ツアーの長崎公演がありました。森保さんは地元でのコンサートはいかがでしたか

 森保「すごく楽しかったですよ」

 中西「ソロやったよね、まぁちゃん。なんだっけ、『枯葉の…』」

 松岡「『夜風の仕業』だよ。『枯葉のステーション』じゃないよ」

 森保「バラードで、盛り上がる感じではなかったので心配だったんですけど…。ファンの皆さんがコールしてくださったり拍手してくださったりしたので、とてもいい思い出になりました」

 中西「私は3rdシングルの選抜発表が印象的でしたね。最後に名前を呼ばれたんですけど、(ファンが)『うおおおおお!』って。歓声が忘れられなくって。そんなに盛り上がるとは思ってなかったので、涙が止まらなくなって。よかったです。(ファンに)喜んでもらえて」

 -12日に3rdシングル発売

 中西「題名を聞いたときに『なんだろうこの曲』と思ったんですよ。桜って食べるものじゃないし。でも曲を聞いてみたら、出会いとか別れがテーマで歌詞がすごく切ないのに、曲調はすごくアップテンポ。ファンの皆さんとも団結して盛り上がれるので、すごくいい曲だなって。何回か聞いたら、ますます好きになったので、ぜひ何度も聞いてほしいです」

 松岡「初めて聞いたときと、HKTの『クラス替え』(HKT内でのメンバーシャッフル)と、『大組閣』の後と、状況によって感じ方がぜんぜん違ってたりして…。大人から子どもまで誰でも共感できる歌詞だと思うので、いろんな方に聞いてほしいです」

 森保「私が一番好きなのは『きょうはいい天気だから余計に悲しくなる』っていうところ。すごく分かるというか…、明るさの中に悲しい思いを隠してるような感じがして、とても好きです」

 -中西さんは、AKB48に行ってしまわれるのですか

 中西「そうなんですよ。びっくりしたんですけど…。移籍ともなると前もって伝えられると思ってたので、まさか自分が何も知らされずに…。兼任なら『よし、行こう』ってなるけど、移籍になるとHKTじゃなくなるわけじゃないですか。でも、上京するってなって、ちょうど18歳で社会人にもなるし、自分にとってチャンスにもなるので…。さっしー(指原莉乃)も『本当は行かないでほしいけど、長く見るとちよりのためにもなるから、頑張ってね』って言ってくれました。よく『バラエティー班』って言われるんですけど、それが生かされる場所に行くのかな、って思うので、存分に自分を出していって、『ちよりがAKBを変えた』って言われるくらい頑張っていきたいです」

 -世の中も旅立ちの季節ですしね

 中西「でも、まだHKTにいられるので、その時間をメンバーと楽しみながら、笑顔でいきたいなと思ってます」

 森保「1人暮らしってさ、絶対いっぱい食べるよね(笑)」

 松岡「食べる、食べるよ」

 中西「やばいよね、絶対。時間なかったりするじゃないですか。自炊なんて…。将来、1人暮らし絶対しないつもりだったんです。絶対できないから。だから他の子を引き連れたりとか、お泊まりできる準備をしておこうと思います。(2人を見て)早く(家に)来てね。ご飯つくりに」

 -僕でもできてるんだから大丈夫です

 中西「本当ですか? 料理とかですよ?」

 -料理しない

 中西「え? ご飯どうしてんですか」

 -ご飯は…買って帰ったりとか…

 中西「これがダメなんですよ」

 森保「ダメ出しされてる(笑)」

 松岡「たかみな(高橋みなみ)さんの家で食べさせてもらいなよ」

 中西「(大島)優子さんも『来ていいよー』って言ってくれたから、優子さんの家に泊まりに行こうかな」

 -すごく高価なもの食べさせてくれそう

 中西「でもずっとお世話にはなれないから…。だから愛ちゃん(多田愛佳)すごいなって。同じ18歳から1人暮らしして自炊もしてるから、愛ちゃんにいろいろ聞きに行きます(笑)」

 -九州ツアーは福岡公演(21日)が残っています

 中西「HKTの中西でいる時間を大切にして、九州ツアーを成功させて、メンバーと思い出づくりじゃないですけど…いい笑顔でAKBに行けるように、すべてやりきりたいです」

 -HKT最後の舞台は劇場がいいですか

 中西「そうですね、原点というか…公演とかいっぱいやってきたので、最後は劇場で何かできたらって私は思ってます」

 松岡「目標だったツアーが終わってしまうんですけど、次の目標は?ってみんなが感じてた中での組閣。移籍や兼任もあるんですけど、私たちも2チーム体制にやっとなったので、ツアーが終わってから次の目標を見つけるまでにすごくいいチャンスをいただいたと思う。離れてもちよりはHKTの1期生で谷(真理佳)は2期生なので、場所は違っても切磋琢磨(せっさたくま)しながら、いいチームにしていけたらと思います」

 森保「周りがどんどん、すごいスピードで変わってるから、その勢いについていけるように、私も…ゆっくりしてるんですけど、変わっていきたいなって思います」

 -SKE48との兼任になる木本花音さんと同じチームK4ですね

 森保「そうなんです! 私、木本さん大好きなんです! あんまり言ったことないですけど(笑)」

 中西「ここで公開告白(笑)」

 -「楽しみ」がいっぱいの春ですね

 ●兒玉はチームAからKへ 谷がSKE完全移籍、村重ら初兼任 大組閣

 2月24日に東京で行われた組織改編イベント「AKB48グループ大組閣祭り」では、年明けに「クラス替え」したばかりのHKT48にもメスが入った。

 チームHでバラエティー班として活躍していた中西智代梨は、48グループのフラッグシップともいうべきAKB48チームAへ完全移籍。中西とは中学時代からの親友である谷真理佳(チームK4)は、SKE48チームEへ移籍となった。チームHとチームAを兼ねていた兒玉遥は、兼任先がチームKへと変わり、宮脇咲良がチームAとチームK4(副キャプテン)を兼任する。中西と並んでHKTの「笑い」を支えてきたチームK4の村重杏奈は、念願だったNMB48チームNとの兼任に。HKTのセンターの一角を務める朝長美桜(チームK4)はAKB48チームBを兼任し、「博多のボス」田中菜津美は、チームK4とSKE48チームSを兼ねることになった。また、SKE48チームEの中心メンバー・木本花音(16)が、チームK4兼任メンバーとして加入する。

 研究生からの昇格も併せて発表され、3期生の矢吹奈子、田中美久がチームHへ、最後の1期研究生だった深川舞子は、草場愛とともにチームK4へ配属された。

=2014/03/11付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ