ハンド、宮崎大輔が監督兼選手に

共同通信

 バスケットボール男子Bリーグ2部の東京Zを運営するGWCは4日、日本ハンドボールリーグへの参入を目指すチームを設立し、監督兼選手として元日本代表の宮崎大輔と基本合意したと発表した。宮崎が40歳となる6日に記者会見を開く。

 宮崎はスペイン留学などを経て日本リーグの大崎電気で活躍。人気と実力で日本のハンドボール界をけん引した。2019年に母校の日体大に再入学し、今年3月に卒業。昨年6月に手術を受けた右肩のリハビリに取り組んでいる。

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング