山県「やっと出た。長かった」

共同通信

 陸上男子100メートルで6日に9秒95の日本新記録を樹立した山県亮太(セイコー)が9日、オンラインで取材に応じ「9秒台を意識し出したのは中学生の頃。やっと出たな、という思いが強い。長かった」と改めて快挙達成の感慨を語った。

 2017、18年に10秒00をマークした山県は、その後2年は右膝などの故障に苦しんだ。「このまま自己記録が出せないかも」と不安を覚えた時期もあったそうだが、コーチをつけた今季に復活。日本記録を0秒02縮めた走りも、前半に改善点があるとして「100点のレースでもない。さらにステップアップしていきたい」と力強く話した。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング