スマイルサルファー重賞初V 兵庫ダービー 【園田】

友好紙

 園田競馬の兵庫3歳馬三冠レース「第22回兵庫ダービー」(ダート1870メートル)は10日、第11Rで12頭が争い、3頭のゴール前の大接戦を4番人気のスマイルサルファーが中団追走から大外強襲で制した。初重賞制覇を成し遂げ、兵庫競馬3歳馬の頂点に立った。2着には4番手から伸びた2番人気シェナキング。内々番手追走から盛り返して伸びた3番人気のエイシンイナズマが3着。1番人気のサラコナンは3頭から6馬身差の4着だった。

大接戦制した!!

 スマイルサルファーが大接戦を制して世代の頂点に立った。好位3番手追走のサラコナンが逃げたサルバトーレミノルをとらえて先頭に立つと、ピッタリ直後にシェナキングが追走。少し置かれた番手追走のエイシンイナズマも外へと出すと、もうひと伸びし猛追。その外からスマイルサルファーが猛然と襲いかかり、サラコナンが伸びあぐねると3頭での追い比べとなり、大外のサルファーに栄冠は輝いた。

 「ワンテンポ待って追い出したが反応が良かった。やっと(ダービージョッキーに)手が届いたし、これからもこの馬と頑張っていきたい」と、15回目のチャレンジで初のダービージョッキーとなった大山真は喜んだ。勝利を見届けた渡瀬寛師も「精神面での成長が大きい。この勝利で外へもチャレンジしなければいけませんね」と今後は交流重賞も視野に入る。兵庫ダービー馬のさらなる活躍を期待したい。 (工藤 修)

PR

競馬 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング