18歳の尾関彩美悠、逆転で優勝

共同通信

 ゴルフの日本女子アマチュア選手権は18日、鳥取県大山GC(6638ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、首位と4打差の5位から出た、岡山・作陽高3年で18歳の尾関彩美悠(岡山霞橋)が4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算10アンダー、278で逆転優勝した。

 首位でスタートした15歳の手塚彩馨(TEAM KGAジュニア)は最終ラウンドは73にとどまり、1打差の2位だった。通算8アンダーの3位に17歳の佐藤心結(TEAM KGAジュニア)が入った。6アンダーの4位は川崎春花(大阪・大院大高)と吉田鈴(千葉夷隅)。

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング