競馬、ピンクカメハメハが死ぬ

共同通信

 日本中央競馬会(JRA)は20日、同日に東京競馬場で行われたユニコーンステークス(G3)で、ピンクカメハメハ(3歳牡馬、森秀行厩舎)が、急性心不全で死んだと発表した。レース中に発症して向正面の内ラチに激突、転倒して競走を中止した。同馬は2月にサウジアラビアで勝ち、3月にはドバイでUAEダービーに出走(10着)して帰国初戦だった。

 騎乗した北村宏司騎手はコース外に投げ出されて体を打ち、病院に搬送された。意識はあるが右足を痛がっているといい、JRAによる診断名の発表は後日となる。

PR

競馬 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング