フェデラー、準々決勝で敗退

共同通信

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第9日は7日、ロンドン郊外で行われ、男子シングルス準々決勝で最多8度優勝のロジャー・フェデラー(スイス)が第14シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)に3―6、6―7、0―6で敗れた。

 3連覇を狙う第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)はマルトン・フチョビッチ(ハンガリー)に快勝。第7シードのマテオ・ベレッティーニ(イタリア)、第10シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)が初のベスト4に進出した。

 準決勝はジョコビッチとシャポバロフ、フルカチュとベレッティーニが顔を合わせる。

PR

テニス アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング