大谷桃子が準決勝敗退

共同通信

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権車いすの部は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス準決勝で初出場の大谷桃子(かんぽ生命)がコタツォ・モンジャニ(南アフリカ)に6―7、6―4、4―6で敗れ、日本女子初の決勝進出はならなかった。

 4ペアで争う女子ダブルスも行われ、第2シードの上地結衣(三井住友銀行)ジョーダン・ホワイリー(英国)組が初戦で大谷、アンヘリカ・ベルナル(コロンビア)組を6―1、6―2で下し、決勝に進んだ。

PR

テニス アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング