沖縄尚学が甲子園へ

共同通信

 第103回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた地方大会は18日、各地で行われ、沖縄大会決勝では、選抜大会で2度の優勝経験がある沖縄尚学が中部商を5―2で下し、中止の第102回大会を挟んで2大会連続9度目の出場を決めた。全国で代表一番乗り。

 昨夏は新型コロナウイルスの影響で選手権大会は地方大会、全国大会ともに中止となった。

 夏の甲子園大会で5度の優勝を誇る大阪桐蔭は初戦の2回戦を突破。今春の選抜大会に出場した専大松戸(千葉)は準決勝に進出。中京大中京(愛知)と県岐阜商も勝ち上がった。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング