大迫ら復帰「発展、刺激になる」

共同通信

 サッカー日本代表の森保一監督が17日、東京五輪後の休暇明けにオンラインで取材に応じ、大迫(神戸)ら長く欧州でプレーしていた代表候補選手のJリーグ移籍について「日本サッカー界の発展、選手への刺激になる」と歓迎した。

 大迫と酒井(浦和)は31歳、武藤(神戸)は29歳と心身ともに充実した時期での日本復帰となった。欧州のプレーの激しさや強度、速い展開の中での精度といった高いレベルをJリーグに還元することが期待され、監督は「世界で戦うために必要なものを頭の中で整理し、自然とプレーに表現していける。Jリーグの舞台で存分に発揮してもらいたい」と語った。

PR

Jリーグ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング