スターの枠超えた千葉さん

共同通信

 19日に死去した千葉真一さんは、アクションスターとして輝きながら、その枠を超えて活躍した生粋の映画人だった。常に世界を視野に入れて監督やプロデューサーをこなしつつ、後進の育成にも力を注いだ。

 映画評論家の樋口尚文さんは「普通スターは自分が目立つことを考えるものだが、千葉さんは物語や場面など、映画全体を盛り上げようとする俳優だった」と評する。「あれだけのスターでありながら、俳優とアクション監督を兼務した人は唯一無二。根っからの作品至上主義者だった」

 事務所関係者によると、千葉さんには最近も映画製作の資金を集め、新作を撮る計画があったが、かなわぬ夢となった。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング