F1、ライコネンが引退を発表

共同通信

 自動車F1シリーズの元総合王者で41歳のキミ・ライコネン(フィンランド、アルファロメオ)は1日、今季限りでの現役引退を発表した。通算21勝を記録している。

 2001年にザウバーからF1デビュー。マクラーレンからフェラーリに移籍した07年に総合王者となった。最後の勝利は18年の米国グランプリ(GP)。引退は昨冬に決断したと自身のインスタグラムで明かし「これまで応援してくれたファンに感謝したい」と述べた。(共同)

PR

レース アクセスランキング

1日
1ヶ月
2021/10/20 5:00 更新

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング