三菱重工浦和など白星発進

共同通信

 サッカー女子プロ、Yogibo WEリーグは12日、味の素フィールド西が丘などで5試合が行われて開幕し、従来のトップリーグだったなでしこリーグを昨季制した三菱重工浦和が日テレ東京Vに2―1で競り勝った。試合終盤に塩越が勝ち越し点を奪った。

 INAC神戸は新設の大宮に5―0で大勝。前半4分に高瀬がリーグ初ゴールを決めた。マイナビ仙台はノジマ相模原と0―0で引き分けた。新設の広島はちふれ埼玉に3―0で快勝し、長野は新潟を3―1で下した。

 1年目は11クラブが参加し、5月に終了する。

PR

サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング